WordPressローカル環境ツール「Local by Flywheel」が便利

フリーソフト/ブラウザetc

WindowsとMacの両方で使用可能なWordPressローカル環境ツール「Local by Flywheel」の紹介をします。

今までのソフトとは違い、とても使いやすいのでオススメです。

スポンサーリンク

Local by Flywheelとは

最初にも述べたとおり、Local by FlywheelはWindowsやMacで利用可能なWordPressローカル環境作成ツールです。

どういう使い方をするかと言うと、主にWordPressのテーマ編集に用います。

普段はサーバー(インターネット)上で公開されているWordPressですが、直接編集してしまい、コードのエラー等で表示がおかしくなったなんてことがあるかと思います。もしくは思うようなデザインではなく元に戻してしまう等々…。

そのようなことが起きないようにサーバー上で公開しているページを直接編集するのではなく、自分のパソコン(ローカル)上にWordPressのサーバー環境を構築し、テーマ編集や開発を行うことを可能にするのがLocal by Flywheelです。

ローカル環境でしっかりとWordPressの表示に問題がないかをチェックしてから、サーバー上に公開することでスムーズに開発が行えるようになります。

グッドポイント

様々なWordPressのローカル環境作成ツールが存在しますが、なぜこのLocal by Flywheelがオススメなのかを述べていきたいと思います。

ローカル環境を複数、構築できる

Local by Flywheelは複数のローカル環境を構築可能で、1つのウィンドウで全てを管理することができます。

環境を自由に変更できる

ローカル環境ごとにPHPやMySQLのバージョンを変えたり、Webサーバータイプの選択が可能です。

動作がはやい

他のソフトと違い、動作が比較的サクサクです。

WordPressの良いローカル環境作成ツールがないかなと探している方はこのLocal by Flywheelをオススメしたいです。

導入方法

Local by Flywheelのインストール方法を紹介します。他のソフトと違い、手順が簡単なのですぐに導入できるかと思います。

Local by Flywheelのダウンロード

公式ホームページにてインストールソフトをダウンロードします。

Local by Flywheel ホームページ


OSの選択とメールアドレスの入力をします。それ以外の項目は必須ではないので任意でOKです。


ダウンロードが開始します。

ダウンロードが始まらない場合は”click here”をクリックして下さい。

Local by Flywheelのインストール

ダウンロードしたファイルを起動します。

基本的に「Let’s GO!」を押した後は「はい」選択でOKです。

VirtualBoxをインストールしていない場合は再起動が入る可能性があります(再起動した場合はもう一度インストールソフトを起動して、Let’s GO!をクリックします)。


次のような「VT-X/AMD-v」のエラーが出た場合はインストールを中断し、BIOSの設定を先にやっておく必要があります。

以下のサイト様の「1.2.2) PCのBIOS画面に入る」から参考になると思います。

参考 PCでバーチャライゼーション (VT)を作動させるには?

インストール完了後

インストール完了後、以下のようなウィンドウが出てくると思うので試しにローカル環境を作成したいと思います。

サイト名の入力

まずはサイト名を決めて入力します。このサイト名は後ほどローカルドメインとして利用されます。

環境の選択

特に気にしない方は「Preferred」を選択し、「CONTINUE」をクリックして下さい。「Custom」をクリックした場合はPHPやMySQLのバージョン等を変更できます。

デフォルト(Preferred)の場合は以下の設定になっているようです。

  • PHP : 7.1.7
  • Web Server : nginx + Varnish
  • MySQL : 5.6
サーバー環境は後からでも変更可能です。

ユーザー情報の設定

ユーザー名とパスワードを設定します。テスト環境なので分かりやすいものにしておくほうが良いと思います。

ユーザー名:admin
パスワード:password

メール動作の確認をする場合はEmailアドレスも設定しておく必要があります。

しばらく待つと、ローカル環境が作成されました。

「CHANGE」→「Custom」と進めば環境の変更ができます。

導入完了後

導入後に知っておくと良いことを簡単に紹介しておきます。

WordPressサイトの表示

「VIEW SITE」をクリックすることでホーム画面を表示できます。

WordPressを日本語化する

インストールしたWordPressはデフォルトで英語になっているため、日本語に変更します。

「ADMIN」をクリックします。

ユーザー名とパスワード(ローカル環境作成時に設定したもの)を入力してWordPressの管理画面にログインします。

サイドバーから「Settings」→「General」を選択します。

Languageを日本語に変更して、下にある「Save Changes」をクリックして完了です。


ファイルの位置

インストールフォルダの位置は以下の場所。

C:\Users\ユーザー名\Local Sites

WordPressフォルダの位置は以下の場所。

C:\Users\ユーザー名\Local Sites\サイト名\app\public

WordPressのテーマ&プラグインは以下の場所。

C:\Users\ユーザー名\Local Sites\サイト名\app\public\wp-content\themes
C:\Users\ユーザー名\Local Sites\サイト名\app\public\wp-content\plugins

テーマを編集したい場合は上記の場所にテーマフォルダを入れれば良いですね。

まとめ

最後まで読んでいただきありがとうございました。

Local by FlywheelはWordPressのテーマ編集や開発を行う場合、必須アイテムになると思います。他のツールをつかっているという方もかなり便利なので一度使ってみて下さい。

  • 複数のローカル環境を構築可能
  • 環境を自由に選択できる
  • 動作がサクサク
  • 無料

無料なのも有り難いことですね。以上、Local by Flywheelの紹介でした。

タイトルとURLをコピーしました