【Softbank】LINEモバイルで安くスマホ利用!

スマートフォン/タブレット

こんにちは!
みなさん、スマートフォンの月額料金は高いですか?安いですか?

主要会社のデータ定額プランは高いです。

LINEモバイルと契約し、月々の料金を約3,500円まで安くしました。

 

Amazon.com

今回、契約した内容はデータ容量10GBコミュニケーションフリープランです。通信容量はSoftbankの時(7GB)より増えてるけど安い!

コミュニケーションフリープランとは、LINE・Twitter・Facebook・Instagramの主要SNSアプリを使った際の通信量が消費しないという利用者にはとってもありがたいサービスです。

Amazon.com

しかも、データ容量を使い切ってもこの4アプリに関しては通信速度制限がなし!この点が他社とは違って非常に魅力的になっています、気になった方は是非!

LINEモバイルと契約する

Softbank回線が2018年7月にスタート!

簡単に説明すると、au/docomo/softbankの各携帯会社は通信する周波数帯域(バンド帯)が若干異なります。なのでauのスマートフォンならau回線に対応したSIMカード、softbankならそれに対応したSIMカードを使用するのがベターです。

試したことがないので分かりませんが、電波の入りやすさが結構違うようです。

参考 携帯電話の周波数帯域(Wikipedia)

申し込みの準備

申請を順序よく進めるために、準備しておくと良いものを紹介します。

まずはAmazon.comでエントリーパッケージ購入がオススメ!

Amazon.comで販売されているLINEモバイル用エントリーパッケージを購入し、契約時にパッケージコードを入力すると事務手数料の3,000円が無料になります。

エントリーパッケージ自体は500円なので、もし送料があっても2,000円以上は得すると思います!

Amazon.comで購入するということで切り替えは若干遅くなりますが、特に気にしない方は購入して損しないと思います。

MNP転出の申請をする

MNP転出届とは今使っている携帯電話番号を変更しないでのりかえする時に必要な手続きです。これを行わなければ携帯電話番号が変わってしまい、のりかえ後にいろいろ苦労すると思います。

MNP転出の申請をしたからといってすぐに解約されスマートフォンが利用できなくなるということはありません。手数料も取られません。両者とも、のりかえ完了時(LINEモバイル開通時)に発生します。
申請してものりかえをしない場合、そのまま元のキャリアを使えます。

どの携帯会社も基本的に手数料として2,000~3,000円(税抜)がかかります。

SoftBankの場合

電話とソフトバンクショップで申請が可能です。電話がすぐにできるので楽です。

ソフトバンクのスマートフォンからは
*5533
それ以外からは
0800-100-5533
※受付時間は9:00〜20:00(年中無休)

参考 ソフトバンクからMNP予約番号をたった3分で発行・取得する方法!

MNPには有効期限があるので注意

MNPの有効期限は約2週間のため、MNP転出申請をしたらすぐに契約申請をするのが無難です。

画像をよく見ると分かりますが自分の場合、迷惑メールフォルダに入っていて気が付かなかったです。もし申請したのにメールが来ない!っていう方は確認して下さい。

LINEモバイルに申し込む

LINEモバイル公式サイトへ必要なものとして

  • 本人確認が行えるもの(免許証など)
  • クレジットカード
  • メールアドレス(Gmail,Yahooメール等がおすすめ)

必要に応じて

になります。

SIMカードサイズはこちらから確認して下さい。

申し込みが完了したら、SIMカードが発送されるまで待機です。

ちなみに、自分はお昼に手続きして夜にSIMカード発送のメールが来ました。

SIMロック解除コードを取得する

一般的には契約会社のSIMカードしか使用することができませんが、SIMロックを解除することで他社製も利用可能にできます。

Softbankの場合

ネットにて、無料で解除コードを発行できます。

Softbank SIMロック解除の手続きへただし、いくつか条件があります。

  • 2015年5月以降に発売された機種(SIMロック解除機能を搭載したものに限ります)のSIMロック解除は、購入日(当社システムにて記録されている販売日など)より101日目以降の場合に受付可能です。
  • 以下3つの条件すべてに当てはまる場合は、機種購入日から100日以内の場合でもSIMロック解除の手続きが可能です。
    1. 2017年12月1日(金)以降に、機種変更前の対象回線でSIMロック解除を行ったことがあること
    2. 前回のSIMロック解除受付日から101日目以降であること
    3. 前回のSIMロック解除を行った機種が2015年5月以降に発売された機種であること
  • 製品の分割支払金/賦払金を一括精算した場合や、製品を一括購入された場合に受付可能です(ただし、一部の一括販売キャンペーンで購入された製品の場合、SIMロック解除をお断りする場合があります)。
  • 解約済み製品のSIMロック解除のお手続き可能期間は、解約後90日以内となります。また、解約済み製品のSIMロック解除のお手続きは、契約されていたご本人さま限り可能です。
  • 対象の製品に故障や水濡れがある場合は、SIMロック解除のお手続きができません。故障修理などが完了してからのお手続きとなります。

ソフトバンクの携帯電話を他社で利用する/SIMロック解除より抜粋


手続き(コード発行)はすぐに完了します。忘れないようしっかりメモしておきましょう。

きりかえ手続きをする

宅急便にて手渡しでSIMカードを受け取りました。

届いたら、すぐにSIMカードを入れ替えてはいけません。

まずは、きりかえ手続きをするためにLINEモバイルに電話をします(サイトでも可能)。

電話で行う場合
0120-899-279
※受付時間は10:00〜19:00

ウェブサイトで行う

ただし、きりかえ手続き自体は17時までしか行っていないのでそれ以降に申請した方は翌日開通になります。
APN設定を行う

スマートフォンから「設定」-「その他の設定」-「モバイルネットワーク」-「アクセスポイント名」と進み、新規追加をします。

必須入力項目として
名前:(任意)
APN:line.me
ユーザー名:line@line
パスワード:line
認証タイプ:PAPまたはCHAP
その他は空白で構いません。詳しくは取扱説明書に記載されています。
手続き完了メールが届き次第、SIMカードを交換する

サービス開始のお知らせ」というメールが届き次第、SIMカードを交換します。ちなみに自分は4時間程度かかりました。

この時点で元のキャリアとは解約され、MNP手数料・解約費が請求されます。

SIMカードを挿入し、電源を入れるとSIM解除コードを入力する画面に入ります。

取得したSIMロック解除コードを入力することでLINEモバイル会社の通信を使うことが可能になります。

通信速度

時間帯は14時26分と少しお昼の時間帯を過ぎたあたりですが、十分ではないでしょうか。

出る時は30Mbpsぐらい余裕ででてます。

総評

個人的には解約費9,500円(税抜)+MNP手数料3,000円(税抜)を支払ってLINEモバイルにのりかえましたが非常に満足しています。

今まで通り、Softbankのままだと月10,000円は軽くしていたので月額3,500円になったというのは解約費等を支払っても得だったと思います。

通信速度に関しても今の所、不満は全くありません。お昼などのピーク時にもしっかり速度は出ていると思います。

また、TwitterやLINEなどのSNS利用時に通信量が消費されないのは他社と比べて圧倒的だと思います、容量自体も10GBコースなので結構安心。

かなりおすすめできる選択肢だと思います、気になった方は是非!

タイトルとURLをコピーしました