自転車のバルブを英式から米式に変換(リライト記事あり)

自転車パーツ

先日、バルブの虫ゴムがダメになりました。

また買うのも面白くないなと思い、バルブを英式から米式に変換してみました。

英式、米式、仏式のバルブについては以下のサイトを参照してください。

自転車・パーツの使い方・選び方 | サイクルベースあさひ
自転車の選び方、自転車パーツの選び方をご紹介。規格や互換性に迷ったらこちらのページをご覧ください。
基本的なママチャリには英式バルブが使用されています。
スポンサーリンク

バルブを英式から米式に変換しよう

☆メリット

  • 米式(もしくは仏式)バルブは空気圧の測定が可能で自転車のチューブに適正な空気を供給できる
  • 適正な空気を供給することによってパンク等を軽減

☆デメリット 

  • 所詮ママチャリ、適正な空気圧にしたところで得られるメリットが少ない、自己満
  • 米式に対応している空気入れを用意する必要がある。

 

工具

○特になし!

材料

○英式→米式変換バルブ

Panaracer(パナレーサー) エアチェックアダプター [キャップゲージ付き] 英式から米式バルブ変換 ACA-2-G

○空気入れ(英式・米式・仏式対応)

Panaracer(パナレーサー) 空気入れ フロアポンプ エアゲージ装備アルミ製 レッド 米式/仏式バルブ対応 BFP-04AGA-R

手順

・ただひたすらバルブの部品を取る!
DSC_0239
DSC_0240
DSC_0241

この時に空気が一気に抜ける可能性があるので注意して下さい。

DSC_0243

・あとは取り付けるだけ
DSC_0245
DSC_0247
DSC_0248

・空気を入れる! 27インチのママチャリだと300kPaまでいれればおk!
DSC_0250
DSC_0251

フタする時に空気が少しだけ抜けるので多めに入れても良いかも。

・空気を300kPaまで入れたら、③でフタをする!
DSC_0255

・バルブの色で空気圧が確認できる優れモノ!
DSC_0253

記事を2部構成でリライトしました

時間に余裕がある方は読んでいただけると理解が深まるかもしれません。

予習・準備編

自転車のバルブを変換しよう!-予習・準備編
ママチャリのバルブを交換するための勉強。一般的にママチャリに使われている英式から米式に変換しようとしています。米式を使う利点は空気圧が測定でき、適切な空気圧で自転車に乗れることです。パンクなどが少なくなるみたいです。

実施編

自転車のバルブを変換しよう!-実施編
ママチャリのバルブを英式から米式に交換してみました。実際はアダプターで変換しただけなので5分足らずで換装し終えました。
タイトルとURLをコピーしました