WordPpressのパーマリンク変更で更にリダイレクト

フリーソフト/ブラウザetc

livedoorやその他ブログからWordPressに引っ越しした方がいると思います。
自分もlivedoorから引っ越ししてまいりました。

引越方法については割愛しますがlivedoorの記事アドレスから今のWordPressの記事アドレスに301リダイレクト設定をしていてSEOの引き継ぎをしている方がほとんどだと思います。

上記のパーマリンク設定をした方が結構いらっしゃると思います。

しかし、WordPressではパーマリンクを投稿名に設定するのが勧められます。

そこで今回はWordPressでパーマリンク変更した後も元々のアドレスからリダイレクトできるようにする方法を紹介します。

スポンサーリンク

パーマリンク変更後もリンク切れを防いで301リダイレクト

ちなみに自分の環境はこんな感じです(参考リダイレクトチェッカーより)

本当はここからようやく記事アドレスを変更できるようになって、更に301リダイレクトってなると思うんですが話が逸れてしまうので割愛します。

プラグインをインストールする

1.公式サイトからPermalink Redirect WordPress Pluginプラグインをダウンロードします。

2.ダウンロードしたファイルをメモ帳等で開き、編集します。

406行目あたりにある302と表記されている部分を301と書き直し、上書き保存します。

3.編集し終えた.phpファイルをffftpなどを使い、../ドメイン名/public_html/wp-content/pluginsフォルダにアップロードします。

アップロード完了後、ダッシュボードよりプラグインの有効化をして下さい。
「Permalink Redirect」という名前のプラグインです。

リダイレクト設定をする

パーマリンク設定がまだの方はそちらから行って下さい。

自分の場合、パーマリンクは以下にようにカスタム構造「/archives/%postname%.html」から投稿名「/sample-post」変更しました。


1.ダッシュボードから設定Permalink Redirectを選択します。

2.Old Permalink Structuresの欄に以前使用していたパーマリンク構造を入力し、Update Optionsをクリックすれば作業完了です。

動作確認

元々のURLやリンクで正常にアクセスできるか確認してみて下さい。

リダイレクトチェッカーを使うと301リダイレクトができているかも確認できます。

 

タイトルとURLをコピーしました